弔問時のお悔やみの言葉の花ギフト

春の花特集

 

バラの花束

 

買い物カゴへ

ページトップへ

※時間指定は地域により異なります


※北海道・沖縄・九州は
  生花の発送を承っておりません


Recommend item

  • イモーテルリース

    ¥4,999

  •            
  • Snowman ハーバリウム

    ¥3,980

  •           
  • そのまま飾れる花束

    ¥3,980

  •           
  • ひまわりフォトフレーム

    ¥4,299

  • プリザのユーカリリース

    ¥5,600


営業日カレンダー

年末年始は長期休業となり配送できません。当店は土日休業です。金曜日16時以降のご注文は翌月曜日以降の発送となります。
Closed on saturdays and sundays. Orders placed on friday after 4pm Japan Time will be shipped on Monday next week.


花工房まりかTOP > お供えの花 > 【情報】よくある質問 > 弔問時のお悔やみの言葉

お悔やみの挨拶は、ご遺族は多忙であり、精神的にもとてもつらい時なので

言葉少く(会釈だけでも十分な場合があります)
いずれにしても言葉は短く、心を込めてが一番です
一般的なお悔やみの挨拶

「このたびはご愁傷さまです」
「心からお悔やみ申し上げます」
「胸中お察しいたします」
「このたびはとんだことで・・・」
「あまりに突然のことで信じられません。どうぞお気を落とされませんように」
「急なお知らせで、慰めの言葉もございません。どうかお力を落とされませんように」

※キリスト教では、人の死は終わりでなく神の元に召されることと考え、
葬儀は神に対する感謝、故人を懐かしむ儀式。

「安らかなお眠りをお祈り申し上げます」

という言い方が一般的です。


弔問に行けない場合

弔電で気持ちをお伝えします
プリザーブドフラワーのバラの弔電はこちら⇒
弔電の例文はこちら⇒


その他の注意

死因に触れたりするのはタブーです
どのような言葉をかけたらいいのかは本当に難しいです
わからない時は会釈だけというのがかえって嬉しかったりします
それでも気持ちは十分伝わります

久しぶりに会った知人がいて会話をしても、笑い声はタブーです
それが控室だとしても静かに亡くなった方をしのぶのがマナーです

現在登録されている商品はありません