葬儀や通夜に参列する時に適切な服装の花ギフト

春の花特集

 

バラの花束

 

買い物カゴへ

ページトップへ

※時間指定は地域により異なります


※北海道・沖縄・九州は
  生花の発送を承っておりません


Recommend item

  • イモーテルリース

    ¥4,999

  •            
  • Snowman ハーバリウム

    ¥3,980

  •           
  • そのまま飾れる花束

    ¥3,980

  •           
  • ひまわりフォトフレーム

    ¥4,299

  • プリザのユーカリリース

    ¥5,600


営業日カレンダー

年末年始は長期休業となり配送できません。当店は土日休業です。金曜日16時以降のご注文は翌月曜日以降の発送となります。
Closed on saturdays and sundays. Orders placed on friday after 4pm Japan Time will be shipped on Monday next week.


花工房まりかTOP > お供えの花 > 【情報】よくある質問 > 葬儀や通夜に参列する時に適切な服装

ごく一般的なもので、告別式は地域によって大きく変わりますので地元の先輩に相談されるのが無難です
通夜の服装 通夜には急いで駆けつけるという意味もありますので、喪服で伺うのは、「不幸を予期していた」と思われて
失礼にあたるこもありますので控え目な服なら喪服でなくてもマナー違反にはなりません。
ただ、最近では仕事の都合などで、昼間行われる「葬儀・告別式」には参列できないことから、通夜だけに伺う方も増えていますので、その場合は、喪服で伺っても良いでしょう
告別式の服装 告別式は「喪服」を着ることが最低限のマナーです。
また昔は、遺族・喪主の方は和装の方が多かったようですが、最近ではほとんどの方が洋装となっています

男性は黒のスーツに黒のネクタイ
女性は黒のスーツ、ワンピース(長袖)
女性が持つバックは殺傷を連想しない布製が一般的です
現在登録されている商品はありません